内縁関係とは|用語集

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

内縁関係とは

内縁関係とは一般的に見て夫婦としての関係や実態がありながらも婚姻届を出していないため法律上夫婦と認められない関係を指す。

当事者双方の合意により事実上夫婦としての生活が存在すれば成立する。内縁関係の場合でも、婚姻関係と同等の義務や権利を有するものがあり、貞操義務を怠れば、一方から慰謝料請求ができるケースもある。

法律的な位置は「婚姻をするための準備期間」という扱いになり、婚約などと同等のものとなる。ただ内縁関係かどうかの判断は難しく、婚姻関係のように書類上に記されたものでは無いため、内縁関係を解消する場合、トラブルが発生することがある。

内縁の妻なんていう言葉があるけれど法律上は婚約と同じ扱いなんですね。

愛人とは何が違うの?


最近では別姓にするため婚姻はしないという方もいるようです。ただ離婚時子供がいた場合様々なトラブルが発生します。法律上婚姻をするための準備期間という扱いですのでケースによっては婚姻と同等の扱いを受けられます。

ちなみに愛人は金銭的なサポートがあった場合、そのような言い方をします。


結婚をするときは離婚のことまで考えていませんからね。

これは事実婚とかかんけいないのかも。
内縁関係でも慰謝料の請求とかできるのかしら?


内縁関係がどの程度のものかによって慰謝料の請求ができるかが変わります。
書類上の契約ではないため、内縁関係だったのかというのが争点となるでしょう。

子供の有無や同居の期間、経済的な部分などをトータル的に見て判断する形となります。


トラブルも

内縁関係は書類上の契約ではないため、勝手に解消される可能性があります。

気付いたらほかの人と結婚していたという話も聞きます。場合により慰謝料の請求ができますが、そもそもが法律で守られていない関係ですので、訴えても意にそぐわない結果になることもあるでしょう。

このようなことで多く相談されるものが、新たな交際相手との別れさせです。上記の通り、関係がこじれてほかの女性と交際を始める方もいらっしゃいます。これが夫婦なのであれば訴えを起こし接見禁止などをすることができますが、内縁関係の場合そのような行為ができません。

元に戻すためには別れさせ屋等を使うしかなくなります。

関連項目

別れさせ屋ならFAX探偵ドットコム

無料相談フォームへ

MENUへ