無責配偶者とは|用語集

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

無責配偶者とは

無責配偶者とは離婚の際に夫婦関係を破たんさせる原因を作っていない側の配偶者を指す。対義語は有責配偶者。一般的に離婚の請求は無責配偶者が夫婦関係が破たんする事由を知ることで行われることが多く、無責配偶者は離婚を訴えることができる。まれに有責配偶者から離婚を訴えるケースがあるが、その場合は離婚に至る条件がそろわなければ請求ができない。

無責配偶者とは

双方協議の上で離婚が出来なかった場合、離婚の調停、裁判と進みます。その際離婚事由が必要となります。離婚事由とは婚姻の継続がし難い事由というもので、結婚生活を今後続けていくうえで、障害となる理由を指します。事由というのはいくつかありますが、生活費を入れない、家庭内暴力、不貞行為などがそれに当たります。上記のような事由はどちらか一方のに責任があり、責任がある側を有責、責任がない側を無責とわけます。

関連項目

離婚相談・親権問題相談_FAX探偵ドットコム

無料相談フォームへ

MENUへ