金銭トラブルとは|用語集

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

金銭トラブルとは

金銭借用書がない場合、トラブルとなるケースがあります。探偵の扱う金銭トラブルは貸主の身元が分からない、現在の住所がわからないといったもので、それを調べることで解決につなげるというものです。依頼主の代わりに取り立てを行うなどが弁護士等でなければ行えませんので、そのようなサービスを謳う業者にはご注意ください。

借用書の強制力

借用書とは金銭を貸した、借りたというのを書面で証明したものです。トラブルになった場合、いついくら借りたのかというのを明確にするためのもので、借用書があっても相手に返済する意思や能力がなければ回収はできません。このように借用書は金銭の貸し借りがあったという証明だけにすぎないのです。強制力を持って差し押さえなどを行う場合は、裁判を行うか公正証書を作成するかです。

借用書がない場合

借用書がない場合、貸した借りていないの争いになってしまいます。そのため貸した側は貸したという証明をしなければなりません。振込などであればそれが一つの証拠ですが、手渡しの場合、それを証明できません。借用書がない場合は今のうちに作成しておくことをお勧めいたします。

相手に逃げられてしまったら

返済を求める、裁判で訴えるにしても相手の行方が分からなければ回収の使用がありません。探偵社でサポートできる業務はこの部分となります。相手の身元をおさえることで、回収への道も広がるでしょう。

関連項目

金銭トラブル

無料相談フォームへ

MENUへ