監護権とは|用語集

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

監護権とは

親権には財産管理権(親権)と身上監護権の二つがあり、監護権は保護者の未成年者に対する権利で民法に規定されているものです。監護権は同時に義務であり子供の身体・生命に危険が生じるような事由が生じた場合処罰されることがある。基本的には監護権と財産管理権は同じ保護者に渡されますが、場合により監護権と財産管理権をわけるケースもまれにあります。親権を取ったから一緒に生活できるわけではありません。

監護権

親権を分ける問題点

日本では現在共同で親権を持つことができません。離婚をする際、どちらか一方が親権者となる必要があります。ただ特例で財産管理権と身上監護権をわける場合があります。夫婦間にトラブルが無ければこの形でも問題ありません。監護権を有する者は子供をそばに置き育てることができます。財産管理権(親権)を持つ者は子供の将来などを決める法律行為の代理となります。つまり法律行為を行う場合、親権者の同意が必要となりますので、監護権を持つ一方の親が決めることができません。夫婦間でのトラブルがあり、離婚後もその関係を引きずると、子供の今後に関しても同様に争いが生じてしまうでしょう。離婚をする時点でお互いの性格や考えにすれ違いが生じているわけで、その状況下で親権を分けるというのは様々な問題が出てきます。お互いの意見を尊重するのではなく、あくまでも子供の利益という部分を考え、どうするか決めるべきでしょう。

関連項目

離婚相談・親権問題相談_FAX探偵ドットコム

無料相談フォームへ

MENUへ