不貞行為とは|用語集

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

不貞行為とは

不貞行為とは配偶者のある立場の人間が貞操義務を怠る行為を指す。同義語として浮気ともいうが法律用語では不貞行為になる。あくまでも男女間の性交渉があることが前提で、二人で食事をしたなどの密会であれば不貞行為には該当しない。また不貞行為は民法770条の離婚事由の一つだが、離婚事由の不貞行為として認められるのは複数回の不貞行為が必要とされる場合がある。

離婚をするためには

不貞行為を理由に離婚をするためには、その行為があったという証拠と継続的且つ複数回の不貞行為という証明が必要となります。性交渉があったという証拠写真を撮るのは困難なわけでそれに準ずる、もしくは第三者が見ても不貞行為があると考えられるものが証拠として成り立ちます。証拠は興信所などを利用して収集する、もしくは浮気相手とのメールなどがそれに当たります。継続的且つ複数回という部分に関してはメールのやり取りなどを参考すること、もしくは複数回の不貞の証拠写真を撮る必要が出てきます。

関連項目

浮気調査は東京のFAX探偵ドットコム

無料相談フォームへ

MENUへ