不受理申出とは|用語集

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

不受理申出とは

不受理申出とは本人の意思に基づかずに届出が出される恐れがあるというときに、その届出があっても受理されないように事前に申し出ることを指す。不受理申出は離婚など男女の関係に関するもので、離婚の場合本人の同意なしに離婚届けが出されても受理されないように事前に提出することでその効力が認められます。離婚の不受理届の効力は6か月間で、継続して離婚届を受け付けたくないのであれば再度届け出を出す必要があります。

離婚届は書いていませんか?

勝手に離婚届を書き、それを届出すれば有印私文書偽造および同行使、公正証書原本不実記載罪にあたり無効となりますが、事前に本人が記入していた場合、本人の意思かどうかを証明するのは困難です。そのため事前に離婚届を書いていた場合は、不受理申出を事前に出しておくべきでしょう。離婚届を偽造した場合においても、それを偽造したとする証明が必要となり、またそれに対した裁判を起こす必要があります。離婚届の捺印する印鑑は三文判でもよく、印鑑証明も必要ありません。サインに関しても筆跡を調べることはしません。勝手に出されたものを無効にするためには労力が必要になりますので、その可能性がある場合は不受理の申し出をしておくべきでしょう。

関連項目

離婚相談・親権問題相談_FAX探偵ドットコム

無料相談フォームへ

MENUへ