悪徳探偵とは|用語集

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

悪徳探偵とは

詐欺や恐喝など悪事を働く探偵。探偵業法という法律ができ、現在届出制となっているが、詐欺業者は非常に多く、消費者センターに届けられる苦情の多くは金銭トラブルに関してです。お金を払ったが何もしてくれない、返金がない、別名目で高額の費用を請求されたなど業者と依頼人との間で金銭のトラブルが経ちません。依頼人は調査をしているかを確認するのが難しいため、それを逆手に取り悪徳な業者が詐欺行為を働いているようです。

慰謝料

悪徳に騙されないためには

契約をする際に契約書の内容はしっかりと確認をしたほうが良いでしょう。とくに金銭トラブルが多いため、返金の有無、キャンセル料に関してはしっかりとみておくべきです。キャンセルをする場合一切返金は受け付けないという内容であれば消費者契約法に反することもあるでしょう。また調査の報告方法、画像の有無に関しても同様です。当たり前のことですが、探偵業は届け出をしていなければできません。業法番号を持っていない業者には依頼以前に相談は避けるべきでしょう。

記した通り、業法の届出が一切されていない業者もございます。尾行や張り込みなどを行う依頼を受ける際は、各都道府県に届け出が必要とされます。届け出が無い時点で依頼を受けることは法律で禁止されております。届け出自体は簡単なものですが、それすらできないということは、何かしらの理由で出せないということです。出せない理由として「代表者に前科がある」などがそれに該当します。

また届け出がされているからといってまともなところとは限りません。社員がいないのにもかかわらず、水増しをしたり、実際は何もしない「やらずぼったくり」など、表面上では見えないところがあります。そのようなことをする業者のほとんどが、パック料金や成功報酬制といった料金システムで行っているところです。この形であれば契約をすれば返金が無いというシステムですので業者は相談時に良いことばかり言ってくるようです。なかなか相談しただけでは見抜くのは困難です。相談者にはそのような業者を見抜く目が最低限必要とされます。

関連項目

後から後悔しないために・・・。探偵社の選び方

無料相談フォームへ

MENUへ