悪意の遺棄とは|用語集

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

悪意の遺棄とは

民法上の離婚事由のひとつ。家に帰らず愛人の家に行っている、生活費を渡さないなど同居義務・協力義務・扶助義務を怠った場合、悪意の遺棄として離婚が求められるケースがあります。

悪意の遺棄は継続的な期間ではなく度合いが重要視されます。

別居等も悪意の遺棄のひとつですが、これに関しましては別居の期間、理由、離婚の意思など様々な事情を総合的に判断します。

ただ別居期間が長ければ離婚原因の一つになります。

浮気の証拠だけが離婚原因ではありません

探偵業の集める証拠というと「不貞の証拠」がイメージされがちですが、それだけではありません。

依頼をする方は離婚を前提に考えている方も多く、不貞の証拠以外で離婚協議を目指す方もいらっしゃいます。例えば生活費を入れないという協力義務を怠ったとしても、その怠る理由があるのとないのとでは考え方も変わります。同居義務に関しても同じで、それに至った理由が必要になります。

相手が反論してきた場合でもこちらが対応できるように証拠をそろえておくことが重要となります。

夫婦はお互い扶助し合うというのが前提です。つまりどちらか一方がその義務を果たさなければ、それは離婚事由の一つとなります。

興信所等に依頼をする方の中には離婚を前提として証拠収集を頼まれる方がいらっしゃいます。分かりやすいのが不貞の証拠を集める形ではありますが、当該対象者がその行動に出なければ、集めることはできません。

業者に頼むのであれば、最終的にどのようにしたいのかをまずは明確にしてから相談される方が良いと思います。場合によっては進め方の変更なども必要になるケースがございます。

悪意の遺棄による離婚で多いのは協力義務の不履行です。家事手伝いを怠る、またそれをしなければならないのにもかかわらず、別の理由で遊んでいる等です。様々な理由がありますので、まずはどのようなものが得られるかを確認していく必要があります。

関連項目

離婚相談

無料相談フォームへ

MENUへ