復縁体験談|前の職場の後輩との復縁

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
復縁屋

前の職場の後輩との復縁 名古屋市20代女性

前の職場の後輩との復縁

離れてみて初めて自分の気持ちに気付きました。
私は1年前に転職をして現在の職場に来ました。年齢的にもステップアップをしたいと思い、以前の職場には何の不満もありませんでしたが自分を試す気持ちで会社を辞め、新しい仕事先を見つけたのです。
会社を辞める時は、自分の希望でそうなったこともあるし、次の職場への期待感でむしろわくわくしていました。
なので、会社の仲間からお別れ会をしてもらったときも、悲しい気持ちよりは明日から始まる新しい生活へ頭が向いていたのです。なので、自分を見送ってくれる後輩の気持ちも正直あまり心に響いてきませんでした。
お別れ会のメンバーはいつも仕事を共にするチームのみんなが集まってくれました。上司も後輩も忙しい中みな来てくれてありがたかったと思います。
一人ひとり私に言葉をくれて、私もそれに答える形で一人一人と話していきました。その中で、一人の後輩が神妙な表情で私に話しかけてきました。
チームのみんなのいるまえだったので、私も妙な空気になるのが嫌で、なるべく明るく終わらせようと振る舞っていましたが、その後輩はなにやら個人的にわたしと話がしたかったらしく、「色々とお世話になりました。」といった通例的な会話のあと、「あとで真面目なお話があるんですけど、」と言われたのです。
真面目な、と言われたので、てっきり仕事関係の話かと思いました。

告白されたけど…

彼は私の一つ下の後輩にあたり、年も近いことから一番力を入れて鍛えた後輩でもあったのです。
20代後半になってくると、自分だけでなく、周りにいる人間もみな自分の仕事について真剣に考え始めるものです。なので、ふと駅などで転職誌などを見かけると思わず手が出る、なんてこともよくあります。飲み会などで話す内容も仕事の不満や別の仕事への興味などが増えてきて、これも年齢のせいかな、なんてしみじみとした実感のようなものを感じる一瞬だったりします。
なので、年の近いその後輩も、転職を考えていて、転職先の情報などをわたしから聞き出したいのかな、と考えていました。
実際、会社を辞めた人から新しい職場への転職を勧めてもらって引き抜かれる、ケースもよく聞く話しです。チームのみんなの前では話しづらいのもそのせいかと。そんな事を考えながら、お別れ会の開かれている居酒屋の個室外で後輩が待っている場所まで向かいました。
そこで予想と反して彼が言ってきたのは、私のことが好きだから付き合って下さい、という内容のものでした。
まったく予想もしていなかった話しだったのと、私の中では現在の会社のメンバーとは今日で別れてもうしばらく会うこともないだろうという気持ちでいたので、これからも彼と一緒にいる自分が想像できず、その場で断りました。
後輩は目に見えて落ち込んでいたものの、明日からは会社に私はいないわけで、気まずい思いもしなくてすむではないかと思ってしまった私は、「振られるの前提で今日告白したんでしょ~(笑)?」と軽くおちょくるような言い方をしてしまったのです。すると瞬間、「・・・そんなつもりではなかった。」とものすごい不機嫌な声で答え、後輩はその場を去ってしまいました。

彼のことを思い出す

私は少しお酒も入っていたこともあって、なぜ告白された自分がバツの悪い思いをしなければいけないのかと思い納得のいかない部分もあって、その後は一度もその後輩と話すこともないまま会社を後にしたのでした。
その後は新しい職場にも慣れ、仕事を頑張り充実した毎日を送っていました。
正直その後輩の事を思いだすこともなく、1年程があっという間に過ぎていきました。
最近になって、前の職場の元同期の女のことから久しぶりに連絡が来たのが退社してから初めてのやりとりでした。
単純に最近どうしてるのか?といった内容で、電話でお互いの近況方向をし合っているなかで、例の後輩の話が出てきたんです。その後輩も1年たつうちに大きい仕事を任されるようになったらしく、頼もしくなったよ、などの取りとめのない話しでした。
それだけでも、私は彼の話を聞くだけで瞬時にあの時の気まずさや彼の表情を思いだしてしまって、言葉につまりました。
当然私も同僚には彼から告白されたことは話していませんし、恐らくは彼も会社の人間にはわざわざ話していないでしょう。なので電話口で急に言葉少なになった私を不思議に思ったようで、「どうしたの?」と何度も聞いてきていました。
私は思いだしたらなつかしくて、とごまかし電話を切りました。

彼に会いたい気持ち

変な話なのかもしれません。
この元同僚からの電話がなければ私は彼のことなど思い出さなかったのかもしれませんし、こんな気持ちにならなかったのかもしれません。けれど、間接的に彼の話を聞いただけで、心臓が高ぶる自分がいるのです。
彼女から、彼が会社で活躍している、仕事を頑張っていると聞いて、ただ自分が指導するだけの頼り内後輩から、一人の男として彼を見直すきっかけになったのかもしれません。
とにかく、私は彼に会いたくて会いたくてしかたがなかったのです。しかし、自分で彼に連絡をすることがどうしてもできませんでした。ましてやこの同僚に仲を取り持ってもらうなどは気まずくてできません。恐らく彼も嫌がるでしょう。
けれど、どうしようもなく会いたくなったのです。
好きとか嫌いとか、そういう問題ではなく、ただ顔を見て話をしたかったのです。

出会い工作と出会う

こんなことをぐだぐだ悩んでいる時、インターネットで「出会い工作」を見つけたのがきっかけでFAX探偵ドットコム社さんの事を知ることとなったのです。
探偵さんが人の復縁をサポートしてくれるといった内容です。
元々が別に付き合っていたわけではないので、どうかと思いましたが恐る恐る電話をしてみると、意外に優しい声の女性が対応してくれてものすごく安心しました。これまでの彼とのいきさつを長々と話しても全て聞いてくれて、尚且つアドバイスもくれ、出会い工作なるものの説明を丁寧にしてくれました。
私以外にも、出会い工作をやる人はたくさんいるらしく、人それぞれに直接連絡が取り合えないなどの事情があって、第3者の方の手助けを求める人が多いらしいです。
そのことにも安心しましたが、私の場合彼の働いている場所などを知っていたのでスムーズに事が運び、彼が仕事終わりに家に帰るときに私が偶然にもその場に居合わせたとして出会う、ということをやることになりました。

運命の日

それを実行する日は本当に緊張して、どの服を着ればいいのか、髪型はどうするのか、メイクはどうしようなんて1日中考えていました。
けれど、彼の仕事場=自分の前の職場なわけで、そこに向かう街並みや店ならびも全て覚えがあるものばかりでした。それらを見ているうちになんだか心強くなってきて、彼を待つ間心がくじけずに済みました。
その後、本当に彼を見かけた時は不思議な気持ちになりました。
見慣れたはずのスーツ姿もなぜか様になっているようで、1年の間に本当に頼もしくなっていたのです。嬉しかったのは、私が話しかけようと思っていたら向こうが先に気付いてくれて話しかけてくれたことでした。1年ぶりなのにも関わらず話もはずみ、そのまま食事に行くことができました。
その後はコンスタンスに連絡を取り合いたまに会う間柄です。
とりわけ付き合うなどの話にはなっていませんが、今は堅苦しい枠を超えて、いい友人関係を築けていると思います。
これからのことはまだわかりませんが、いい関係を築けていけたらと思っています。

メールで無料相談資料請求をする

元彼との復縁体験談 関連ページ

元彼と復縁したい
彼氏との復縁方法
元彼に新しい彼女がいたら復縁できないですか
三角関係から脱却したい
元彼と結婚観が違うけど復縁できるの?
遠距離恋愛の場合
元彼との復縁体験談

MENUへ