別れさせと復縁を同時に行う場合

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
復縁屋

別れさせ屋が必要なケースも

別れさせ屋が必要なケースも

復縁したい相手がすでに交際をしている場合、そこが別れなければ元に戻ることはありません。つまり別れさせ工作が必要になるケースがあります。
一般的に考えられる工作方法は交際相手に異性を近付ける形ですがご予算や情報量また現在の状況により手法が変わります。
復縁したい相手のことは知っていたとしてもその交際相手に関しては名前も住まいもわからないという人が多いと思います。知っていたとしても「同じ勤務先の相手」や「元恋人」というような漠然とした情報ではないでしょうか。
対象として何かをしていくためには相手の情報が最低限必要となります。
最低限必要なものは「容姿」「住所」「勤務先」です。もちろん行動手段や趣味嗜好、背格好など細かな情報があった方が良いでしょう。しかし面識のない相手なのでこれらの情報を入手するのは難しいと思います。
何もないところから必要な情報を入手するのは困難です。
方法として考えられるとすれば、復縁したい相手の行動を監視して交際相手を特定していくしかないでしょう。
付き合っているのであれば定期的に会うでしょう。そこを狙っていくしかありません。ただ毎日会っているわけではありません。週末に会う方もいれば平日の場合もあるでしょう。分からない以上予測を立てるしかありません。

予算を踏まえてベストな方法を探る

ただここで考えておかなければならないことは予算です。特定のためだけに費用を使えば、のちの工作分も無くなってしまいます。理想は交際相手に工作を行う形だとしても、特定のために大半の予算を使えば工作が出来なくなってしまいます。
別れさせるのはあくまでも通過点であり、本来の目的は復縁というのを忘れないでください。
予算が決まっている。手元の情報量に限りがある。特定のために割ける予算枠が無い。
このような場合、無理に交際相手を特定して何かをするよりは、今ある情報を駆使して出来ることを行うほうが効率が良い場合があります。
分っているのは復縁したい相手です。それなのであればその方を対象にするというのも一つの選択肢として考えられるでしょう。
一般的な手法は異性を近付けるとお話ししましたが、必ずしもそうではありません。
同棲を近づけ、相手の懐に潜り込み、別れを選択させるといった方法もあります。
また交際相手のことを知っていたとしても状況により復縁したい相手をターゲットにしたほうが効率よくまた可能性の高い方法が選べるケースもあります。

メールで無料相談資料請求をする

復縁のために必要な確認事項

復縁のために必要な確認事項

まず交際相手に関してどの程度ご存知かを教えてください。
■住んでいる住所は知っているか、勤務先はわかるか
一戸建てなのかマンションなのか。マンションの場合部屋の出入りは外界から見ることが出来るのか。一戸建ての場合どのような人が住んでいるのか等を教えてください。勤務先に関しても会社の規模や職種によりそこから特定できるケースもあります。
■氏名や生年月日、SNSの情報
近年SNSを利用している人も多くなっております。インターネット上の情報のため鵜呑みにはできませんが、一つの情報となります。場合によっては居場所や行動範囲、交友関係、趣味嗜好などの情報が取得できるかもしれません。
■容姿のわかる写真は持っているか
顔がわからなければ特定できません。例えば部屋の出入りが見えないマンションの場合、そこの住人の中から特定を目指さなければなりません。一軒家や部屋の出入りの見える集合住宅であれば、顔が分らなかったとしても特定が可能となります。
■デート日の予測
交際相手の情報が無い場合、復縁したい相手を尾行し、その中で特定を目指さなければなりません。毎日連続して調査を行えばその分費用も増してしまいます。そのため予測を立てて行う形となるでしょう。交際していた当時のことを思いだしてください。どのように会っていたかなどから会う曜日を考えていきます。
全く予測が出来ない場合は、週末や休みの日に絞る形となるでしょう。誕生日などイベントが近い日なのであればそこを狙うというのも一つです。

費用の掛け方は柔軟に考える

上記情報をもとにまずは交際相手の特定を目指します。
ただここに割ける予算枠も決めなければなりません。特定はできたものの、先の工作費用分が無くなってしまったとなってしまえば意味が無くなります。総予算の中から特定のための予算枠を決め、その中で出来る方法を実行していくのです。
そこに割ける予算がない場合、特定のために使うのではなく、復縁したい相手に工作を仕掛けるのと同時に特定を目指すという形を取ってもよいと思います。
どちらにしても交際相手の身元をおさえるためには復縁したい相手を尾行する形となります。行動を見る中でチャンスがあれば接触を目指し、特定できれば身元を押さえるという二つの作業を同時に行うという形も良いと思います。
このように別れさせにおいても復縁においてもそうですが、予算的な部分を考慮しなければなりません。闇雲に進めるのではなく、上限がある以上計画的に考える形をお勧めいたします。

見積を依頼する資料請求をする

復縁工作の依頼 関連ページ

復縁屋の依頼の流れ
失恋した後、いつが依頼するタイミングなのか
復縁までにかかる期間
音信不通の状態から復縁を目指す
復縁工作を成功させるために
他社で失敗、または不安に思われた方へ
復縁屋業者の選び方

MENUへ