メールで復縁するテク

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
復縁屋

恋愛の始まりはメールから

メールで復縁するテク

「メル友」って流行ったことがありましたね。
メールだけの間柄、お互いに顔も知らない友達、現代風ペンフレンド。
そんな意味合いでしたが、最終的には出会いへとつながり、そこから交際へと発展することがよくありました。今でもSNSを介したメッセージなどに形は変わりましたが、同様のことが行われています。
現在、仕事でもプライベートでも用件を伝えるのはほとんどメールとなり、復縁屋に寄せられる相談もメールが大多数を占めます。私達復縁屋も日々メールを使い、相談者の方とやり取りをしています。まさに文明の利器ですね。
例えば「好き」という気持ちを伝えるにもスマホやパソコンで文字を打ち、そこに可愛い絵文字を加えればさらに想いが伝わるような気がします。
しかしラブレター(もう死語かもしれませんが…)の時代が懐かしいと思うのは私だけではないはず。かつてはレターセットを買ってせっせと手紙を書いたものでした。
手紙には手紙の良さがあるのですが、そういう私は「いつの時代の人?」と、言われてしまうかもしれませんね。

メールで無料相談資料請求をする

始まりもメールなら終わりもメール

メールから恋愛が始まった二人は交際中は更に頻繁にメールをします。
受信したら返信する。また受信したら返信する。それを繰り返しながら時間は経過していきますが、そのメールで行き違いが生じることがあります。
会って取り返せなければ、自然と回数は減り返信スピードが遅くなってきます。
片方だけが何度も連絡をするようになったら危険信号です。そのうち返信はなくなり、電話も着信拒否、SNSはブロックされ無言の別れが訪れます。

今の世の中、こういったことは珍しくありませんが、かなり一方的な話ではあります。
こんな形で別れを告げられた方は、やはり簡単に納得できるはずもありません。
もう一度会って話したいのだが、連絡手段は全て絶たれている。そんな状態だが復縁したいと復縁屋に相談に来られる方は少なくないのです。
メールも電話も拒否でSNSもブロックしているのに復縁できる方法なんてあるの?と思われるかもしれません。この状態からの復縁は難しいのは確かですが、打つ手はゼロではありません。

メールできっかけ作り

まずは焦らずしばらく時間を置きましょう。
全て拒否になっている理由は復縁を迫られることを警戒しているからです。押すべき時ではありません。
その間は自分磨きと第3者である復縁屋が相手の気持ちを把握する期間に充てるのが有効です。
本音を知って学び、復縁の下地が出来た頃合いを見計らってから、いざ行動です。
通常は復縁屋が間に入って二人をつなぎますが、自分で動きたい方はメールを利用する方法もあります。

ありがちが意外と効果アリ

それはアドレス変更の一斉送信です。もちろん復縁したい相手にも送ります。
大事なのは内容です。
短文で明るく、かつ相手の興味を引くようなワードを入れます。
SNSに誘導するような文面もありですね。
そこで久しぶりに磨きがかかった姿を見たら、心が動かされるかもしれません。
これは古典的な手法で、あくまでも一例ですが、案外実績のある方法だったりするのです。

メールで無料相談資料請求をする

関連ページ

再会工作

復縁屋のカルテ に戻る

MENUへ