雇用調査|信用調査

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

雇用調査

「企業は人なり」という言葉にあるとおり、会社組織を円滑に運営する上で社員は資産の一部です。
しかし、借金も資産と呼ばれます。つまり雇ったものの借金を抱えることになってしまうケースもあるのです。そのため、雇う側にとってみれば雇用する人物も選択したいでしょう。

面接などを行い、選定するわけですが、書類や一度面接しただけでは判断がつかないものです。
事前に知っておけば防げる債務というものがあります。それが雇用調査というものになります。

雇用調査の必要性

履歴書

人を雇うために事前に調べる必要があるのか?と疑問に思われる人事担当者の方もいらっしゃるでしょう。調べるためにはお金がかかる、そこまでする必要はないのではないか?恐らくこのように思っている人が多いと思います。

しかし、雇うのであれば給与を出す必要があります。またトラブルメーカーだったとしても企業側が一方的に解雇することはできません。雇用される側の権利はありますが、する側は義務が多いだけで権利は少ないです。辞めさせたくてもそれが出来ることが出来ないという状況が続いてしまうのです。

採用をすると、年間何百万という金額を払い続けなければならなくなります。金銭的な負担だけでなく、それに対する時間や労力を考えると、お金には変えられないものもあるでしょう。費用対効果を考えるのであれば、雇用する前に調べておくことが大事だと思います。

最近では社員がツイッターやブログ等で会社に不利益を与えるような書き込みをし、大参事になるケースもあります。これらを見定めるのは書類だけでは不可能なものがあります。

不利益が生じた場合、解雇をするなどの対処は出来ますが、それをしたとしても生じた不利益は改善できず、それまで費やした労力は返ってきません。不測の事態が生じることの無いように最低限のリスク回避をするべきでしょう。

得られる情報

・ターゲットの素行
面接では見ることができない対象者の素行を確認します。
実際の行動を見ることでよりリアルにその人物を知ることができるでしょう。

・オンライン上の情報等
SNSの利用状況、履歴、書き込み内容等の確認をします。
書き込み内容によっては会社に不利益を与える可能性もあります。
知っておくことでそれらを判断する参考となるでしょう。

・聞き込みによる周囲の反応等
面接は本人からの意見しか聞けません。
周りの評価などを参考にすることで、その人物の人となりを見ることができるようになります。

・家族情報(職歴等)
親族の職業などで採用を見送るケースもあるでしょう。
ライバル会社などであれば情報が流出する危険性もあります。
履歴書は本人の情報しか記載されておりません。

・履歴書の裏取り
履歴書は当人が書くため、事実を歪曲させている可能性があります。
後々真実を知り解雇することもできますが、それまで費やした労力は返ってきません。

無料相談フォームへ

MENUへ