コラム|探偵が教える自分でできる人探しの方法

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
探偵コラム

探偵が教える自分でできる人探しの方法

「探偵に依頼」と聞くと浮気調査が真っ先にイメージされます。次にイメージされるのが人探し。
今回は人探しについてお話ししようと思います。

以前のコラムで人探しに関して触れたとは思いますが、探し出しだす相手の状況等により手法は様々。
例えばこの間逮捕されたオウム真理教の高橋容疑者を探してくださいというのは警察があれだけ捜して10年以上かかっているわけですから、権限の無い一般探偵が見つけるのは難しいでしょう。自ら、もしくは第三者によって身を隠している(隠されている)人間を探し出すのは難しいわけで、調査自体は可能でも成果が出ないこともあるでしょう。人員を動かせばその分費用が増してしまいます。

このような失踪者や特異家出人を探し出すのは難しいのです。
ただ、そのような経緯でどこにいるのかがわからないというものでなければ探偵を利用せずとも特定につながる方法があるかもしれません。
最近ではfacebookやmixi、ツイッターなどの利用者も増えているようです。とくにfacebookに関しては本名登録が原則ですのである程度絞れるのではないでしょうか。

ただここで問題となるのが"名前"に関してです。
日本の苗字の数は30万姓と言われております。ちなみにお隣韓国では250程度。
単純に1000倍以上の姓があるわけですが、それでも同姓同名という人はいます。
特に日本一である佐藤さんは200万人、鈴木、高橋さんはともに150万人と上位だけでも500万人苗字が同じ人がいます。
※余談ですが田端は全国順位850位くらい。人口は2万人程度だそうです。

全国の佐藤さんは200万人。ただ同じ「サトウ」でも左藤さんや佐東さん、坂東など字は違えど読み方が同じという人もいます。
これだけの数がいれば苗字名前ともに同じ人もいるでしょう。

苗字は代々受け継がれているわけですが、名前に関しては親が決めるもの。
近年ではキラキラネームやらDQNネームなんてインターネット上で持て囃され奉られている名前もあるようです。
人の名前だけでなく「国民の生活が第一」なんて党名までゴニョゴニョ...。
二、三年後には「愛のままにわがままに、ぼくは国民を傷つけない党 feat.ozawa」みたいなB'z的なものも出てくるのではないでしょうか。
それも時代の流れなのでしょう。名前が変だとしても中身が重要なので。。。

さて、このように時代の流れで名前は変化。
例えば1960年代から1970年代後半までの男性の名前で一番多かったのは「誠」らしいです。
女性では「恵子」「久美子」「陽子」が多かったようです。

それが80年代に入ると一変します。
20年近く上位にいた「誠」に陰りが出始め、「大輔」が上位に来るようになりました。
女性に関しては「○○子」という形ではなく「愛」やら「美穂」などの名前が主流に。
このようにその時代の特色があるようです。

ちなみに2011年の名前に関しては男性が「大翔」、女性が「結愛」だそうです。
さて...何て読むのでしょう...?だいしょう?けつあい??
まぁキラキラネームと言えど、これが定着すれば一般の名前と何ら変わりないので...。
本気と書いて「マジ」みたいなものではないでしょうか。そこんとこ夜露死苦みたいな...。
今後もこんな感じで名前を付けてくれた方が探偵社としてはありがたい。特徴ある名前のほうが調べやすいですからね。
ただ読み仮名を書いてくれないと読めないものは勘弁してください。

話が逸れました。
どのようにして調べるかです。
手元にどのような情報があるかで変わります。
とりあえず検索サイトで名前で検索してみましょう。
facebookなどの情報やマラソン大会などのリザルトが表示される可能性があります。
会社を経営している人であれば、そこのホームページなどが出てくるでしょう。
続いて画像検索。同様に検索窓に名前を入れます。顔写真が入手できる可能性ありです。最近では所持している画像をネットで検索し、それと類似する画像を探すこともできるようになりました。

女性の場合名前が変わっているケースもあります。
こうなると探し出すのは困難。方法があるとするのであれば卒業校などの情報をもとに地道に探していくしかありません。
ミクシーに関しても同じです。相手の趣味嗜好、卒業学校などのキーワードから地道に探し出していくしかないでしょう。
ただこれをすることでその人物のアカウントが特定できればある程度の情報が入手できるようになります。

また携帯メールアドレスだけ知っているという人。
そこから情報を入手できるかもしれません。gmailやyahooメールなど様々なフリーメールがありますが管理がめんどくさいですよね。
ただアカウント名を利用することで管理がスムーズになります。つまり携帯アドレスもPCアドレスも同じアカウントの人が結構いるのです。
それでアカウントを作る際に使われるのが生年月日。アドレスを知ることで生年月日もわかります。
生年月日が分れば学校の卒業年月日も逆算することができます。

このように少しの情報から地道に調査をすることで特定につなげていくことができるのです。

ん!?いまあなた、元彼の名前を検索窓に打ち込んでません?
その名前が「佐藤誠」なのであれば無駄な抵抗です。
探したいのであればご相談ください。

コラムに戻る

トップページに戻る