各種調査一覧

盗聴器発見調査

様々なメディアの報道からもわかるように、ごく普通の人がターゲットにされるケースが急増しています。

現在の盗聴機器販売台数は、年間数十万台とも言われ、その市場規模は10数億円と予想されています。また低価格化やインターネットでの通販により、誰もが簡単に盗聴盗撮機器が入手できる時代になりました。販売台数は今後も増加の一途を辿るものと思われます。

盗聴機器は秋葉原などの電気街や、最近では大手ディスカウントショップなどでも販売されているようです。そう、たかだか2,3万円ほどでいとも簡単に購入できてしまうのです。

単に数字だけを見てみても、いかに盗聴する人が増えているかが分かります。

安穏と暮らしている裏ではアナタのプライバシーが流出しているおそれがあるのです。
自己防衛の意識をもち、まずは安全かどうか確認してみましょう。

チェックリスト

  1. 無言電話がよく鳴る。
  2. 電話中、雑音が聞こえることがある。
  3. 電話の声が急に聞き取りにくくなったりすることがある。
  4. やたら宗教の勧誘をされる。
  5. 自分しか知らないはずのことを知っている。
  6. 最近、異性関係や金銭関係でトラブルがあった。
  7. 自宅近くに長時間停車している車がいる。
  8. 知らない人・会社から、ぬいぐるみや時計などの贈り物をもらった。
  9. 三又コンセントなどで自分が購入した覚えのないものがある。
  10. 誰かが部屋に侵入した形跡がある。

3つ以上当てはまるアナタは一度調査した方がいいでしょう。

また最近では電磁波による被害を心配される方も増えております。

※ご相談される際は、相手に気づかれないようにメール、FAX、自宅以外の電話等安全なところからご相談下さい。

盗聴器発見のご相談は無料です。1人で悩まずご相談ください。

また弊社は法令を遵守しております。機器の設置はお受けできません。ご了承ください。