遠距離カップルを別れさせる方法

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
別れさせ屋

会えない時間が愛を育てる

遠距離 別れさせる

歌詞にもなっているこの有名な言葉。
会いたい気持ちが募れども会えない。だから相手のことを考え、思いやる・・・。
それが自然と愛を育んでいくことになり、いつまでも付き合い立てのような交際を続けることができるのでしょう。
これは遠距離恋愛の醍醐味といえるかもしれませんね。
「仕事(や勉強)が忙しくて会えない」といった理由では、相手が近くにいればいるほど「時間くらいは作れるでしょう」と不信感を抱くのが恋愛の常です。
その点、物理的な「距離」によって隔てられている遠距離恋愛は、すぐに会えないことを承知の上で交際しているため、喧嘩も少なく穏やかな関係を築けると言われています。
しかし、それは遠距離恋愛の厳しいルールを守っている前提でのお話。一歩間違うと砂上の楼閣のように、もろく崩れ去る恐れがあるのです。
別れさせるためには、その点を突くのがセオリーです。別れさせ屋は様々な方法で、時間をかけて工作を行っていきます。

遠距離恋愛ルールは足枷

遠距離恋愛の原則は「小まめな連絡」です。
毎日の連絡はもちろんのこと、連絡を入れられない場合の事前連絡も実は重要。会社勤めと同様、「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」が出来て、はじめて信頼が成り立っている交際なのです。
これらは固い絆と捉えることもできますが、裏を返せば疑心暗鬼の象徴、足枷でもあります。
連絡がない→何をしているのかわからない→すぐに確認できない、と負のスパイラルに陥りやすく、少しでも不安になれば亀裂は広がりやすいのです。
ターゲットが「やっぱり遠距離恋愛は難しいかも」と考え始めれば、別れさせるには良い環境が生まれつつあると言えるでしょう。

通常、別れさせ屋工作ではターゲットを疑心暗鬼状態にしていきます。
ですが遠距離で交際するカップルは、既にその下地があり、工作を行う舞台が整っていることが多いのです。

ターゲットのライバルは見えない敵

別れさせるには次なる展開が必要です。
「毎日連絡くれるのは、やましい気持ちがあるから?」
「離れて暮らす自分より、近くにいる人の方がいいはず」
遠距離恋愛中であれば、誰もが陥ってしまうこの不安。別れさせ屋工作では、ターゲットの中にいるこの見えない敵を利用します。
工作員が不安を膨らませていくことで、その見えない敵をターゲットと戦わせるという方法ですね。不安が募り見えない敵がどんどん大きくなれば、最終的には自分本位な不満や疑いを相手にぶつけることになります。
疑われる方からすると、自分は信頼されていない、と感じます。
そして、やはり遠距離は難しいと別れを意識するきっかけとなり、関係を窮屈に思うのです。

遠距離恋愛中の二人を別れさせたいのであれば、今がチャンスです。
別れさせ屋工作によってターゲットの中にある不安な気持ちを活性化させ、別れへと誘導していけば、依頼者様は安全な場所にいることができますし、もし意中の人の近くにいるならば、生まれた間隙をぬって関係を深めることもできるのです。
別れさせたい、別れさせる方法を検討している、という方は、ぜひご相談ください。

関連ページ

彼氏を別れさせたい
彼女を別れさせたい
別れさせた後復縁したい

別れさせ屋のコラム に戻る