復縁する方法を提案

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
復縁屋

復縁する方法

復縁 方法

復縁をしたい相手は、今どのような生活を送っていますか。
あなたに対して、どんな思いを抱いて別れたのでしょうか。
相手ありきのものですから、方法はどうであれ、相手の本心を知るというプロセスは必要です。
復縁の方法を考えるにあたっては、まずは別れの原因を探さなくてはなりません。
その原因が解明できない限り、復縁はありえないからです。

ご相談される方の中には「自分勝手だと言われた」「思いやりが無いと言われた」など、復縁したい相手から別れる理由を告げられている方もいらっしゃいます。
だから今は自分勝手にならないように心がけている、誰に対しても思いやりを持つよう意識しているんですと自己改善に取り組んでいることを強調されます。
これは復縁に向けて非常に良い心がけだと思いますし、プラスになることはあってもマイナスにはなることはないでしょう。
それは、復縁できるか否かにかかわらずステータスアップに繋がり、何よりも当事者本人しかできないことなのです。

しかし、落とし穴もあります。
相手は別れるためにその理由を伝えましたが、復縁の方法を提示したわけではありません。
ですから、改善したのになぜ振り向いてくれないの?まだ不十分なの?と混乱してしまうこともあるでしょう。

これは統計ですので全ての方に当てはまるとは言えませんが、本当にある一つの原因(もしくは限られた原因)で別れを決断し、またその部分が改善されれば復縁したいと考えている人は1割程度です。
残りの9割は、あれもこれも理由があるけれども、その中で差しさわりが無く、もっともに聞こえそうな理由を伝えているのです。つまり、便宜上、その理由を持ち出して使っていることが多いのです。
ということは、言われたことだけ直しても復活愛の見込みは薄いですよね。
あなた本人に伝えた内容よりも、各段に重要で深刻な原因が別にあり、肝心のそれは隠されているのです。

ではなぜ本当の理由を言わないのでしょうか。
それは、相手の保身によるところが大きいと思います。
別れ話が穏便にすむことは少ないです。ある程度の(もしくは激しい)言い争いは避けられないでしょう。
ですから、相手を最も刺激せず、かつ別れることができそうな理由を伝えるのです。
もし、本当の理由が他に好きな人ができたというものであればどうでしょう。
それを伝えれば、根掘り葉掘り質問されて、場合によっては、相手にまで迷惑をかけてしまうかもしれない。
逆に好きな人なんていないのに、あえて嘘を言って、諦めさせようと思う人もいるでしょう。
「私だけ一方的に言われるのは納得できない!」と思ってしまうような理由を伝えてきた場合に該当する可能性が高いでしょう。

復縁の方法を考えていくためには、原因究明が必要不可欠です。そこにヒントが隠されているのです。
そして、これを明らかにしていくのが復活愛の第一歩となります。
まずは本心の部分を聞き出し、そしてその内容によって、見込みやその後の方法を判断します。
復縁の方法を考える上で、相手方に働きかけて状況を変えていくものが復縁屋工作となりますが、同時に依頼者様の努力が必要となるケースがほとんどです。
工作を進めながら、一方で私共のアドバイスを参考に依頼者様は自己改善を行い、双方協力のもとで復縁を目指していくことになるのです。

これは絶対NG!な行動

やり直したい。離れたくない。その気持ちが強いほど、感情的になり極端な行動に出てしまう傾向にあります。何が何でも復縁したいため、そうせざるをえないような状況に持ち込もうとする方もいます。
ご相談を受けている中で多いのは、「妊娠した」と嘘をつく女性です。
妊娠すれば責任を取ってくれるに違いないと思ってのことなのだと思いますが、はっきり申し上げてこれが復縁に結びついたケースを見たことがありません。絶対にしてはならないNG行動です。
たとえそれで復活愛できたとしても、相手の心はあなたの方を向いていませんから、時間と共に確実に離れていきます。

そもそもやり直すときに妊娠が嘘だとばれてしまいます。
後から「流産した」と言えば良いと思うかもしれませんが、男性も馬鹿ではないので嘘には気づきます。そして気付いたが否や「こいつとはやっていけない」と思うでしょう。
たとえ流産を信じたとしても、子供がうまれないと分かると、縛りはなくなり、次第に相手も離れていきます。嘘をついて良いことと悪いことがあります。妊娠や子供といった生命にかかわることは、決して使ってはいけません。

ちなみにご相談を受けるにあたり、本当に妊娠されている方もいらっしゃいます。
しかし別れと妊娠がほぼ同時期にあった場合、相手にその事実を伝えると連絡が途絶えてしまうというケースが多いです。
別れた時に妊娠の話をするのは、嘘でなくてもやめておいたほうが良いかもしれません。今後どうしていくか方針が定まってから、伝えるべきです。

他のNG行動として、「復縁してくれないなら死ぬ」という発言があります。これも命に関係することですね。このようなことを言われてしまうと、確かに相手も言うことを聞かざるを得なくなります。
しかしその時点で、相手のあなたへの気持ちから「愛」は無くなってしまいます。残るものは「恐」「諦」の2つであり、求めるような形の付き合いは二度とできなくなります。
そんな関係になりたいですか?違いますよね。

このような言動をとるのは女性が殆どだと思うかもしれませんが、実は最近男性にも多いのです。
よりを戻したいと思うのであれば、これらのNG行動をとっていないか、まずはご自身の行動を振り返ってみて下さい。
「重い男」「重い女」の典型です。あなたは大丈夫ですか?

本人は、元に戻らないならば死にたいという真剣な気持ちかもしれませんが、相手にしてみれば、それは脅しや脅迫にしか取れません。その言葉を言われたら、一緒にいてあげたいと思うよりも、どうやって逃げられるかと考え、完全に逆効果になってしまいます。

そうではなく「相手がどうすればやり直したいと思うようになるか」という相手本位の分析と対策が必要なのです。
まずは相手の気持ちのスイッチがどこにあるか、一緒に探してみましょう。

復縁方法について

復縁のタイミング
復縁のための冷却期間
同性愛者の復縁
年の差恋愛の相手と復縁したい
対象者がうつの場合
対象者別の復縁
復縁はターゲットとの関係性によって方法は変化するもの
復縁する方法がわかる!復縁体験談
結婚相談所で出会った相手(彼・彼女)と復縁したい
・コラム:復縁成功した人とは
・コラム:復縁屋が語る失恋の仕方